PermissionsExの設定方法 part1

サーバを管理運営している人は知っているであろう PermissionsEx を。

PermissionsExとは、サーバ内の権限を細かく設定できるプラグインで、導入必須プラグインである。

でも、その設定は素人からすると難しいものである。

今回は自分なりに解説していこうと思う。

まず、前提として spigot(craftbukkit)とPermissionsExを用意する。

PermissionsExはggれば公式の配布フォーラムが見つかるが、Spigotとcraftbukkitは公式からダウンロードできない。何らかの方法で用意すること。

当解説ではSpigot1.8.8 PermissionsEx v1.23.3で解説する。

 

できたらpluginsファイルにPermissionsEXを入れサーバを起動する。

pex_1

コンソールにこのように出ていればプラグインが読み込まれ、導入完了である。

次に、pluginsファイルにあるpermissions.ymlを開く。

Windowsなら ワードパッドの使用をお勧めする。それ以外でもできるが、テキスト形式などで読み込まれずエラーが出る場合がある。

当解説ではワードパッドで作成し解説する。

開くと、

となっているはずだ。

 

そこからどんどん編集を加えていく。

編集する説明をしておく。

これはグループ名である。

その下、

はdefault: trueとある。これはサーバに参加して、何の権限も与えられていない人がこのグループに自動で割り当てられる。

もちろん、defaultをfalseすることや別のグループにすることも可能だ。

optionの下にある、今回のメインであるものが

これである。これがPermissionの設定で一番大切な部分になる。

これを正しくしていたければ、権限が与えられず、困ってしまう事態になる。

ちなみに、この状態であれば、 modifworldの全ての権限が使用できる状態である。

それでは、設定の解説に戻る。

 

新しくグループを作る。

新たにグループを作るには次のようにすればよい。

これで新たに 「admin」というグループが追加された。

admin=管理人用グループと考えてもらえるとわかりやすいと思う。

だが、このままだとadminのグループに自動で割り当てられるため

とする。defaultをfalseにすることで、自動で割り当てられることはないはずだ。

このままでは adminのグループのpermissionは

になっているので、modifworld.*しか使えなくなる。

そこで、全権限が使えるpermissionを利用する。

こうすることでサーバに導入されているすべての権限の利用が可能になる。

現段階でのコードを見てみよう

 

 

このようになっているはずだ。

では次はユーザーの追加方法を紹介しよう。

ユーザーの追加方法は

 

こうすることでできる。

 

今回はここまで。次回は権限の剥奪方法やワールド別の権限設定を解説する。

※誤字があればコメントで知らせてください。

質問があれば非公式フォーラム等で質問するとよい。私も比較的ログインしている。

 

次回

3 comments on “ PermissionsExの設定方法 part1

  1. 匿名 2015年10月3日 22:41

    pluginsファイルにPermissionsEXを入れサーバを起動しても、コンソールが導入完了時の表示にならず、

    Loading libraries, please wait…
    [22:37:42 INFO]: Starting minecraft server version 1.8.8
    [22:37:42 INFO]: Loading properties
    [22:37:42 INFO]: Default game type: CREATIVE
    [22:37:42 INFO]: This server is running CraftBukkit version git-Spigot-06ad352-4a7472d (MC: 1.8.8) (Implementing API version 1.8.8-R0.1-SNAPSHOT)
    [22:37:42 INFO]: Debug logging is disabled
    [22:37:42 INFO]: Using 4 threads for Netty based IO
    [22:37:42 INFO]: Server Ping Player Sample Count: 12
    [22:37:42 INFO]: Generating keypair
    [22:37:42 INFO]: Starting Minecraft server on *:25565
    [22:37:42 INFO]: Using default channel type
    [22:37:43 WARN]: **** FAILED TO BIND TO PORT!
    [22:37:43 WARN]: The exception was: java.net.BindException: Address already in use: bind
    [22:37:43 WARN]: Perhaps a server is already running on that port?
    [22:37:43 INFO]: Stopping server
    [22:37:43 INFO]: Saving players
    >続行するには何かキーを押してください . . .

    こういった表示になっているのですが、どうすればよいでしょうか?

    • yamagami 2015年10月4日 14:05

      既に25565ポートが使われているだけです。
      手っ取り早いのはPC再起動したり、ポート変えるだけです。

      ポートを変えるなら server.properties にある、「server-port=25565」を別のものに変えます。
      例えば「server-port=25566」とかに変えると起動できると思います。

      • 匿名 2015年10月4日 15:40

        出来ました!ありがとうございます!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">