無料のsslを紹介してみた

sslとはインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)のこと。
個人情報やクレカ情報などの重要なデータを勘合かして、サーバ~PC間での通信を安全に行なうことが出来ます。
by.SSL/TLS総合解説サイトより転載

SSLがあるとGoogleの検索結果で上のほうに行きやすかったり、利用者が安全に使えたり、サイト運営元を確認できるなどがあったりします。

SSLに関する詳しい解説は「SSL/TLS総合解説サイト」を読めば一発で理解できるかと思います。


それでは無料のSSlを紹介していこうか。

1つ目はcloudflareです。

これの便利なところは「SSLが自動で更新される」と「SSL以外にもいろいろなツールがある」です。

ドメインのネームサーバーを変えるだけで使えるのでとっても便利。
他にもメールアドレスの難読化とかのツールも有ります。

 

2つ目はLet’s Encrypt Authority X3です。

これの便利なところは「かなり安易にSSLが発行できる」です。
SSH(ターミナル?)とApacheとかのWeb環境があれば簡単にできるっぽいです。

私も使っていましたが、有効期限が3ヶ月しかないのが不便だったので、月1でcronで更新するようにしてたりしました。

 

3つ目はStartSSLです。

これの便利なところは「無料な割りに有効期限が長い」です。

昔は1年ぐらいだった気がしたんですが、今は3年ぐらい有効期限が有ります。

追記(17/02/10):
どうやらChromeとFirefoxでは安全で無いSSLとエラーが出るようです。
軽くGoogleにサーチしたところ、「イスラエルStartComと中国WoSignという二つの認証局(CA)が、業界の規定に反する電子証明書を不正に発行していた」とのこと。
米Mozilla(Firefoxの開発会社)の調査で様々な問題が発覚したようで、「認証局としての両社の職務遂行能力が信用出来なくなった」と発表して、今後両社発行の証明書は信用しないと発表していたようです。
参考にしたサイト様:
不正な証明書を発行した認証局WoSignとStartCom、トップ交代へ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481542/101200282/
StartSSL(StartCom)のSSL証明がiPhoneなどで認識されない問題
http://blog.zolesystem.info/startssl
私もStartSSLを最近まで使っていたんですが、いきなり使えなくなったので急遽Let’s Encryptを使いました。
まぁ、無料サービスですからね。なってしまったものは仕方ない。


私の使ったことあるものしか解説してませんがなんかの役に立ったらなーと思います。

解説といえるかどうかは分かりませんけどね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">